身体

アクリル絵の具で描いた記録

メンタルとしては、色んなことが重なりとてもぼろぼろで、しかしもうすぐ誕生日を迎える。毎年誕生日位は自分の喜ぶことをしようと思っているが、仕事探しやらキチガイクレーマーやらその他問題で気が休まらない。 そんな折、アクリルで画を描き始めてみた。…

恍惚と不安

色々あった。状況はかなりよくない、のだけれど、珍しく気持ちが軽くなることがある。画を描き始めたからだ。十数年ぶりに画を描き始めた。というか、三十代で初めてアクリル画(油絵を描きたかったが、値段的に安く済みそうだから)を描いてみた。 一発目。…

俺の瞳には映らない君のことばかり考えているんだ。

また、トラブルが起きて、しかも職探しもして金の心配もしていて、通院もしているから、俺の頭は少し壊れた。 さすがにこんなに嫌なことが重なると言うのは単純にきついし、前向きに使用考えないようにしようと思っても限度がある。 でも、ネットで調べなが…

目を見開いて

色々とあった。色々とボロボロになった。いつものことじゃあないか、誰でも大なり小なりそうじゃあないか、とは思うけれど、ちょっと、自分の中では様々な問題が重なり、駄目になるかな、と思ってしまった。 でも、今日小説のなおしを終えて(本当はまだまだ…

処方箋はいつも酷薄

年に数回、身体に無数の水晶が生えてきたような、水晶に刺されたような錯覚をすることがある。我が身が微弱な光を帯びるような、身体中の痛みが囁くような法悦に数秒間包まれる。俺の次の仕事は、聖痕職人がいいなあ。刺しまくる。アカシックレコードに聖人…

観客のいない綱渡り芸人

色々悩んでいて、もう少し頑張ろうもう少し頑張ろうとしていたが、仕事を辞めた。突然やめる俺は悪いが、とても許せないことがたまっていて、さすがに限界だった。ふつう、の人なら我慢したり流したりできるんだろうけれど、駄目なんだ、俺。 だめなんだほん…

中年なんだ。毛皮か花園がなくっちゃ、生きられないよマジで

気分ぐらぐら。数十分先のことが、自分の精神がどうなってるのか分からない。取り繕うのとやっつけ仕事はそれなりに得意だけれど、いつ駄目になるんだろうって思いながらの労働は、とても不安定できつい。でも、足を踏み外したら、足の裏に生えている綱から…

中年が見た夢の話

もの凄く、嫌な夢を見た。以下長文。 中学の時の顔見知り程度のクラスメイトと再会して、その日の数時間後に電話で場所を決めて会う約束をした。彼は何故かとてもうれしがっていて、俺も嬉しくなった。代官山で時間を潰していて、とても高い場所でスマホとiP…

泥の中から病巣も花園も

気持ちがとても沈んでいた。やりたいことは分からないのに、不安ばかりが増える。毎日、数十分、数時間ごとに気持ちがぐらついて辛い。生きていてこんなのばかりなんだって、改めて感じると、もう、駄目だ。 薬を飲んで寝る。こういう誤魔化しで、目隠しで、…

けだものよ、一時の安らぎを、鎮痛剤を幻覚剤を。

かき終えた小説を見直し、応募する。俺は色々と雑なので、読み返すたびに細かい間違いに気付く。というか、大なり小なり差はあってもプロアマ問わずそうらしいんだけども。 小説を書き終えてほんの少しだけほっとしても、それが俺に何かの余裕をもたらしては…

だって、感受性全開

結構疲れている。疲れているということを認識して、回復しなければ、と思う位には元気になってきたのかもしれない。 小説を書かなければと毎日思っているのに、できていない。しかも、小説を書こうって思っている時は、他人の小説が読めないのだ。他人の創作…

希死念慮が揺籃なんて 戯言はやめて

数週間前に比べたら、大分調子が上向きになってきた。俺の上向きってのが、多分元気な人の普通かやや気分が優れないって感じだと思うから、順風ってわけではないので頑張ろう、 って思ってたら、まさかの仕事先でコロ助ナリィ疑惑の人が出て、テンションガン…

本は俺の慰め蝕み。

身体の不調に悩まされていた。仕事を初めてから、ほぼ毎日寝ても2時か三時には目が覚めて、疲れがとれない。そんな状態だから体調が回復するというのは難しい。 ずっと、小説を書かなければと思っていて、それと同じように様々な本を読まなければとも思って…

まるで祈りの様に。

アスファルトの上に転がる、蝉の死骸を見た。今年初めて見た蝉だった。穴が空いた身体には、片方の羽根しかなく、それが強い光を浴びてきらきらと輝いていた。 新しいことをしたい。しなければ、駄目になってしまうかもしれない。そういう強迫観念なのか、逃…

その位の人としての心はこぼさないように。

小説を書き終えた。これから校正や推敲が待っているので、まだまだ終わりではないのだが。でも、一応は終わらせた。でも、それが何になると言うのだろうか。書いているうちは勿論書きたいから書いているし、それなりに楽しんでいたり高揚したりする瞬間があ…

取り出せない硝子や水晶や屑宝石

誕生日を迎えた。いつもなら、少しだけお洒落をして、普段かいたくても買えない、とはいってもたかだか数千円の本とかを買うのが習慣になっていた。でも、今だと難しいかもしれない。店自体が閉まっているし。 というより、もう俺はいい歳で、色々と摩耗して…

デジャヴの中年

外に出て、へとへとになったり、家の中でひたすら過眠とか、おかしを食べすぎたり。本を読もうとか、文章を書こうという気になれない。新しいことをしようとする気力がわかない。 結構な期間通院をしていて、色んなお医者さんに「(ゆっくりと効果がでてきま…

神様に近づけないなら、せめて悪魔に

無駄遣いばかりしている。ラグタグオンラインでアホみたいなねだんになった、自分では身に着けられないアクセサリー(定価二万のが数百円になってるのを見ると、いいのかって思うマジで。)を幾つも買う。レディースのアクセサリーは豊富で、(セールでは)…

硝子に触れて

朝、窓を開けると冷たい風が身体中を撫でるから、慌てて閉めて、こんなに寒いのだから外出はしたくないと思いながら、今日の予定を無理やり立てる。お金が無くても用事がなくても家にいるのは嫌だし、外に出ると家に帰りたくって仕方がないんだ俺、幼稚園児…

目隠しも上等、きらきらも上等

せっかく受かった仕事をすぐに辞めてしまった。根気のない俺も勿論悪いのだが、その職場が結構なブラックな感じで、例えるなら、昼休憩以外ずっと、一人で「ぐしゃぐしゃになっているトランプを順番に並べる」だけをひたすらやらされて、色んな細かい説明と…

頭に住む虫

色々と駄目になったので、仕事を辞める話をした。でも、まだ仕事にはいかねばならない当たり前の話。 疲れて、頭が回らない。何もしたくないのに、一人で家にいるのが辛くてたまらなくって、リュックいっぱいのcdを売ったら900円になって、普段しないスク…

街角は猛獣の住家

呪いのような感情の帳が降りて、俺はめくら大抵いつでもめくら。なのだが、世界の表層は自分、だと思っているので、明るいふりをした方がいい。外へ。 急に、思い立って動物園に行く。並ぶのも人混みの中で立ち止まるのも大嫌いなので、朝早くから上野動物園…

涅槃も揺籃もまだ早い

気分が悪くって、そんなこといつものことだけど、抜け出せない。そんな折、数年ぶりに健康診断を受け、体重を計ったら、予想よりはるかに太っていて動揺した。 というか、ここ一年以上、ストレスで過食が多く、2、3日に一度は、お菓子だけで一日千カロリー…

インナーチャイルドよりも、オブセッションに愛を。

今すぐ、自由になりたい、仕事場なんかに行って、病院なんかに行って、自分から進んできちがいに何てなりたくない、とはいえ、鳥かごに逃げた鳥が戻る、或いは脱走した犬が首輪を、餌を求めて帰宅するかのように、いや、もっと、卑近な、つまり、金の問題だ…

愚か者が叫ばなくっちゃ愛を

ずっと、美術の話しとかを書いていて、しかしそれで出来た友達はほぼゼロだ。ゼロではないが、俺はずっと、一人で様々な人の目に触れない人達を好きだ好きだ大好きだ愛していると叫び続けていたんだ。 本当に大好きで大好きで大好きな、ジュネやジャコメッテ…

大丈夫だって言ってくれ

悲しいことがあって、そのことばかり考えてしまってる。何とか別のことを考えようとするんだけど、うまくいかない。 それ以外にも心配事やら不安事があって、じぶんで思っている以上に疲れ切っていた。睡眠も浅く、でも、日中にすごく眠くなったり疲れを感じ…

無限新兵

精神状態のアップダウンが激しくて、やたら疲れてる。安定剤をアルコールで流し込み、俺は大丈夫だ大丈夫だ大丈夫だと唱えたかと思ったら、ひとりでむっちゃにやけて涙が出そうなほど気分があがったりして。 こう、文字にするとやべー人みたいだな違うんだ、…

愚かなけだもののように

色々変化があって、よいこともあればそうでないこともあるというか、日々終えてあーっ疲れたーって感じだ。マジ毎日疲れ切っちゃう。え? 成人男性は大体そうだって? でもなー俺、生涯一、怠け者なので。 軽い本ばかり読んでいた。疲れるとマジで頭を使う読…

残虐行為手当欲しい

珍しく日々おしごと。めずらしい……? まあ、いい。とにかく、へろへろになりながらも、それなりに調子が上向きになっていく、こともある。元気じゃなくてお金とかの心配をすると、気分が落ち込むだけですしおすし。 タレントがテレビで、歯磨き粉と洗顔フォ…

日々小銭

久しぶりに決まったそこそこきちんとした仕事だったのに、辞めた。色々悩んだのだが、面接の時の説明と違うことがあって、どうしても無理になってしまった。求人や面接での説明と現場は違う。なんてこと沢山あったし、俺に限ったことではなく、働く人あるあ…